誰かにとって悪人でも 第195話

私らしさ

前回の話はこちら

はじめから読む

自身の秘めた気持ちに気づいたことで

いつものように「何も考えず」思ったことを口にすることができなくなっていたミナちゃん。

 

そんなミナちゃんに先輩は

「らしくない」といい

「望には空気を読まないいつものお前が必要だ」

とエールを送るのです。

本編

広告

自分に正直に

望くんへの想いを確信し

自分らしさを見失っていたミナちゃん。

 

空気を読まず、相手のことを一番に考えて思ったことをなんでも言葉にしてしまう。

嫌われることもあるけれど、「それがあなたのいいところ」と言ってもらえた自分の大切な部分。

 

ミナちゃんは、望くんに対し

思っていることを全て伝えることにしたのです。

 

つづきます。

 

※こちらのお話は実在の人物、及び実話をモデルに描いておりますが、

かなりフェイクを加えておりますので創作エッセイとしてお読みいただければと思います。

 

次の話はこちら

はじめから読む

 

28
連載漫画




iOS
Android


同じカテゴリの記事




アプリなら通知ですぐ読める!

NAPBIZブログ

NAPBIZブログ



       
This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.