誰かにとって悪人でも 第167話

真っ当に生きろ

前回の話はこちら

はじめから読む

糸ばあは以前より、自身の家をゆくゆくは望に譲り渡すつもりでいました。

そのことに関しては娘の紬も了承済みで

自分がこのまま退院することができなくても、今まで通り住み続けて良いと望に伝えます。

 

学校に通い、人を頼り、

虐待の連鎖など断ち切り真っ当に生きてほしい。

そんな願いを口にしたのです

本編

広告

希から身を隠し

「メグムが自分の子を出産し育てている」

希はそんな情報をどこからか聞きつけ

たびたび糸ばあの元に訪れては、望の居場所を聞きにきたといいます。

 

まだ望が幼い頃、母として一生懸命がんばっているメグムの姿を見て

「メグムと望の平和な生活を守る」という想いから

「縁を切られたから居場所は知らない」と嘘をつき望の居場所を隠し通していた糸ばあ。

 

希が逮捕された後、成長した望の様子を見かけた時

その姿に驚き、助けてあげられなかったことを後悔したのです。

 

つづきます。

 

※こちらのお話は実在の人物、及び実話をモデルに描いておりますが、

かなりフェイクを加えておりますので創作エッセイとしてお読みいただければと思います。

 

次の話はこちら

はじめから読む

 

0
連載漫画




iOS
Android


同じカテゴリの記事




アプリなら通知ですぐ読める!

NAPBIZブログ

NAPBIZブログ



       
This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.