誰かにとって悪人でも 第142話

仕事を紹介してやる

前回の話はこちら

はじめから読む

途方に暮れていたメグムが再会したのは

家出仲間であった一人の少女。

 

赤子連れで行く宛てもない様子であったメグムを見た少女は

「寮付きの夜の仕事」を紹介してくれるといい…

本編

広告

コンプレックス

美しい母と、それに似ても似つかない自分。

 

容姿にコンプレックスを抱えていたメグムは、母と同じ夜の仕事をすることに抵抗を感じました。

 

「18歳になったところで大して稼げない」

傷を抉るようなことを言われながらも

他に方法を見出せなかったメグムは、オーナーに頭を下げるしかなかったのです。

 

つづきます。

 

※こちらのお話は実在の人物、及び実話をモデルに描いておりますが、

かなりフェイクを加えておりますので創作エッセイとしてお読みいただければと思います。

 

次の話はこちら

はじめから読む

 

0
連載漫画




iOS
Android


同じカテゴリの記事




アプリなら通知ですぐ読める!

NAPBIZブログ

NAPBIZブログ



       
This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.