誰かにとって悪人でも 第102話

学校へ行こう

前回の話はこちら

はじめから読む

当初は「学校に行く意味がない」と言っていたメグムでしたが

「今まで一度も学校へ通ったことがない」と言う希の話を聞き

ある考えに至ります。

本編

広告

家族になるんだから

「学校へ行き、就職し、希を養う」

そんな志を胸に通学初日を迎えたメグムでしたが

 

今までろくに勉強もしてこなかった為、授業にもついていけず

親にも見放された捨てたれた子であるとしてクラスメイトから嫌がらせを受け

初日から「もう行きたくない」と早速弱音を吐いているメグムに希は

 

「学校なんかいかず、僕とずっと一緒にいればいいよ。だって家族になるんだから」

 

と励まします。

それを聞いた紬は…

 

つづきます。

 

※こちらのお話は実在の人物、及び実話をモデルに描いておりますが、

かなりフェイクを加えておりますので創作エッセイとしてお読みいただければと思います。

 

次の話はこちら

はじめから読む

 

0
連載漫画




iOS
Android


同じカテゴリの記事




アプリなら通知ですぐ読める!

NAPBIZブログ

NAPBIZブログ



       
This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.