誰かにとって悪人でも 第23話

戸を叩いたのは

前回の話はこちら

はじめから読む

顔や体に隠せない傷跡ができてしまった望くんは

母の言いつけでしばらく学校を休むことになりました。

学校を休む。それは、1日の食事を給食だけに頼っていた望くんにとって

大型連休と同じく非常に過酷な日々。

早くも空腹に耐えていると、戸を叩く音が響き…

 

【登場人物】
望(のぞむ) 中学3年生。このお話の主人公
糸ばあ 嫌われ者の意地悪ばあさん

本編

広告

本当に風邪なの?

望くんのクラスメイト「ミナちゃん」

ゴミの入った給食を片付けようとしてくれたり、クラスメイトに揶揄われているところを庇ってくれた女の子。

 

そんなミナちゃんは、「風邪」でしばらく学校を休むことになった望くんにお見舞いを持ってきてくれました。

いつものようにうまく言葉を発することができず、

また「誰にも会うな」という母の言いつけを守るため、うまく返事ができない望くん。

 

そんな望くんにミナちゃんは、「本当に風邪で休んだの?」と問いかけ…

 

つづきます。

 

※こちらのお話は実在の人物、及び実話をモデルに描いておりますが、

かなりフェイクを加えておりますので創作エッセイとしてお読みいただければと思います。

 

次の話はこちら

はじめから読む

 

0
連載漫画




iOS
Android


同じカテゴリの記事




アプリなら通知ですぐ読める!

NAPBIZブログ

NAPBIZブログ



       
This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.