誰かにとって悪人でも 第20話

守ってくれる人

前回の話はこちら

はじめから読む

母を守るため、顔の傷を必死に隠す望くんに対し

糸ばあは「自分を守る気がない人間のことは、守る必要などない」と言い…

 

【登場人物】
望(のぞむ) 中学3年生。このお話の主人公
糸ばあ 嫌われ者の意地悪ばあさん

本編

広告

やたらと機嫌がいい母親

クラスメイトに顔に傷を見られたことで

また「あの時」のように母を傷つけに誰かが家にやってくるのではないか。と恐れていた望くんでしたが

どうやら家には誰も来ていない様子。

 

ほっとした次の瞬間

「最近糸ばあと会っているだろう」

「もう二度と会いに行くな」

と叱られてしまい…

 

つづきます。

 

※こちらのお話は実在の人物、及び実話をモデルに描いておりますが、

かなりフェイクを加えておりますので創作エッセイとしてお読みいただければと思います。

 

次の話はこちら

はじめから読む

 

2
連載漫画




iOS
Android


同じカテゴリの記事




アプリなら通知ですぐ読める!

NAPBIZブログ

NAPBIZブログ



       
This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.