家族全員でいじめと戦うということ 第132話

先生が全部解決してくれる?

前回の話はこちら

はじめから読む

自分が何も訴えていないにも関わらず

突然「いじめについて」のクラス会議が開かれたことで

窮屈で苦しい感覚に襲われたハルコちゃん。

授業が終わった後、りぃちゃんと共に職員室に呼ばれたかと思うと

「最近何か辛いことはないか」と問われ

今ここで全て話せば、先生が解決してくれるのではないか。と感じたのですが…

本編

広告

広告

タイミングを失い

担任の先生に今まであったことを全て話そうとしたものの

クラス会議の最中聞こえてきた

「あいつがチクった」「むかつく」という声を思い出し

言葉につまってしまったハルコちゃん。

 

「もっと自分の気持ちを伝えなきゃ」

「相手に知ってもらう努力をしなきゃ」と言う担任の先生に

自分がその努力を怠っていたことに気づかされたハルコちゃんでしたが

 

その直後

「その努力をしていたのに仲間はずれにされたのか」

「歩み寄ったのに悪口を言われたのか」と問われ、

まるで「自分の努力不足だ」と言われているようで、それ以上何も言えなくなってしまったのです。

 

つづきます。

 

※SNSより先読みでお越しくださった方へ

先読み記事に関するコメントは、ブログの方へお願い致します。

Instagram等にコメントをしていただく際、

先読み分のネタバレを含む内容はお控えくださいませ。ご協力よろしくお願い致します。

 

【監修:白目みさえさん】

心療内科の受診の流れなどの参考情報を監修頂きました。

ありがとうございます!

白目みさえさんのブログ 白目みさえさんのInstagram

 

※こちらのお話は、友人の実体験を元に身バレ防止の観点からフィクションを織り交ぜて描いております。

ナツミさん一家は現在とても幸せに暮らしています。

そこに辿り着くために選んだ選択や行動に関しての誹謗中傷などはどうかお控えください。

 

 

次の話はこちら

はじめから読む

 

4
連載漫画




iOS
Android


同じカテゴリの記事




アプリなら通知ですぐ読める!

NAPBIZブログ

NAPBIZブログ



       
This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.