家庭教師に行ったら結婚!?させられそうになった話 最終話

家庭教師に行ったら結婚!?させられそうになった話

前回のお話はこちら

→はじめから読む

 

※個人特定を避けるため、人物名、背景などは実際のものとは異なります。

一部、事実を元にしたフィクションがございます。

直属の上司である「煙川さん」にひどく叱られ、

あの喫茶店に直接「二度と私に近づかないよう」話をつけてきてもらえることになりました…

そして…

広告

広告

時間が解決してくれた?

自宅や携帯への非通知着信は一時期は鳴らなくなったのですが

しばらくするとまた再開しました。

 

非通知着信拒否設定をしたので着信音が鳴り響くことはないものの

毎日のように履歴にのこる「非通知着信拒否」の文字…

 

それを見るたびにあたりをキョロキョロと見渡したり、窓の外を覗いたり。

 

あの家からの着信だったのか。

それとも別の何かか。

 

私には調べようもありません。

 

ただ、この頃毎日のように通っていた駅前の弾き語りも

身の危険を感じ落ち着かず、次第に行かなくなりました。

 

コンビニへ暗い時間に立ち寄る時は常に背後を気にして駆け足でお店に入り

買い物を終えて車に戻るときもドアを閉めてすぐさまキーをロックするようになりました。

どこに行っても見られているような。

そんな恐怖が消えるまでしばらくかかったように思います。

 

ほぼ脚色なく完全実話で描き上げたので

消化不良な結末になったかもしれません。

 

結果私は無事であったし、

注意されただけで行動を改めてくれたあの喫茶店の住民はそれほど悪質ではなかったのだろうし

けれどもしかしたら、一歩間違えば危なかったのかもしれない。

 

この経験をこどもたちにも伝え、

自分の身が危険だと思ったら躊躇わず逃げること、すぐに相談することを教えていこうと思います。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!!

今後、しばらく育児漫画が続く予定です!

 

ネタになる珍事がたまりすぎてどれから手をつけていいのやら!笑

 

→はじめから読む

 

0
連載漫画




iOS
Android


同じカテゴリの記事




アプリなら通知ですぐ読める!

NAPBIZブログ

NAPBIZブログ



       
This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.